水道修理とリフォームの違い

水回りのトラブルが必要な場合は、水道 修理により改善させることが出来ますが、新たな機器に交換したりなどする作業はリフォームにあたります。修理やリフォームの違いについて紹介します。

■水道 修理とは

水道 修理の定義ですが、幅広くあります。トイレの詰まり改善からキッチンの水漏れなど幅広いです。排水口の悪臭対策などの環境面でのメンテナンスも該当します。この際にリフォーム会社に依頼して対応することも出来ますが、業者及び自分で修理することが当てはまります。比較的軽い故障が当てはまります。料金も、出張費込みで数万円以内で済む場合があります。
水道 修理業者には、上下水道両方対応しているところもありますが、どちらか一つ専門にて対応している場合もあります。情報収集時に確認した上で依頼をして下さい。24時間365日対応可能で全国展開しているところだと、夜間や緊急時の対応にも応えてもらいやすいです。地域の業者の場合も、長年営業している所は信頼と実績が高いので安心して依頼できます。その上で、水道局指定の工事店だと特に信頼は高いです。資格、工具、実務年数を要するため、相応の実績が必要です。ただし、市町村の指定業者の基準はこの限りではないです。

■水道リフォームとは

水回りの新しい機器を設置したり、模様替えをすることがリフォームです。設備の耐用年数は15年から25年といわれており、年数が経てば劣化して故障や機能性低下に繋がりやすくなります。衛生面でも良くありません。近年ではエコ住宅などの環境に配慮した設備のものが各メーカーにて販売されています。一方、水道 修理とは異なり相応に高額費用が発生します。業者や修理内容によっては、100万円以上かかります。施工にあたり日数も要しますから、その間は使用できません。
リフォーム業者業者ですが、住宅設備メーカーや地域の業者など幅広くあります。業者選びのポイントとして、見積もりや相談が無料の場合が多いです。その際における各種説明、料金体系が明確なところが安心です。長期間使用しますから、保証制度が整っており迅速な対応をしてもらえるところが良いでしょう。協会に加盟しているか否かも確認ポイントです。

■まとめ
水道 修理とリフォームでは、意味合いが大きく異なります。各メーカーから適宜最新の機器が開発、販売されていますから、修理だけで改善が見込めない場合はリフォームがおすすめです。業者選びも上手にすることで、長期間快適に使用できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ