水道修理において役立つマメ知識

水のトラブルが起きたら、水道修理をすることも選択肢の一つですが、自分で定期メンテナンスをすることでも防げること場合もあります。修理業者に依頼することで相応の時間や手間がかかります。そこで、水のトラブルを防ぐための役立つマメ知識を紹介します。

■悪臭を感じる場合

キッチンや風呂など生活場面の各所から出てくる悪臭は、気になる点の一つです。特に全体に配管が繋がっていると、トイレや洗濯場など各所が悪臭を漂うことになりかねません。特に梅雨や夏場だと、湿気や気温の影響で更に強くなります。水のトラブルを防ぐための役立つマメ知識では、夏場にパイプ内の温度が上がるために、発酵度が増して悪臭を漂わせやすくなります。定期的に洗剤などで配管を清掃させたり、キッチンや風呂場ではネットを敷いて、異物の流れることを止めたりすることが大切です。その際には、用途に合ったものを選ばないと、効果がありませんので注意するようにしましょう。
水道における臭いですが、赤茶色ぽくて錆びの臭いがする場合は、水道管の経年劣化に伴う錆びです。正常になるまで流し続けることで改善されます。カルキ臭は、水道水が塩素を使用しているために発生します。飲料としての使用も人体に影響はありませんが、気になる場合は浄水器を取り付けると良いでしょう。それぞれ修理業者に相談することも選択肢の一つです。

■結露が起きた場合の役立つマメ知識

冬場になると気温が寒くなることで、結露が発生しやすくなります。地域によっては天気予報で氷点下3℃以下の場合は、水道管の凍結に注意喚起を伝えられることもあります。水が流れないことはもちろん、水道管の破裂など水のトラブルに繋がりかねません。その場合だと修理業者に依頼することになりますが、事前に予防は可能です。
特に早朝は気温が低くなりやすいです。前日の夜から水を出したままにすることでも、結露を防ぐことが可能です。ちょろちょろ出しでも問題なく、バケツに溜めておけば洗濯用及び植物の水やりとしても利用できます。水道管各所にタオルを巻くだけでも結露を防ぐことは可能です。シンク下の場合は、暖房の空気をあてるだけでも効果があります。それぞれ水のトラブルが発生した場合は、二次被害を防ぐため修理業者に依頼するようにしましょう。

■まとめ
水のトラブルは、季節ごとに出やすくなる症状があります。定期的な排水口の清掃はもちろん、各種予防することはできますので、自身で出来る範囲で予防を行い、それでも起こってしまったトラブルは修理業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ