蛇口 交換の水道修理により解決すること

水道修理の一つで蛇口 交換があります。もちろん、内部のパッキンやバルブカードリッジの交換により解決する場合もあります。一方、使用し続けることで水道トラブルがある場合では蛇口 交換が必要です。修理業者に依頼する場合は、概ね1から2万円かかりますが、自分で修理する際の知っておきたいことを紹介します。

■蛇口 交換をする場合のポイント

単水栓や混合水栓タイプありますが、解決に繋がるポイントを紹介します。それぞれ壁に設置されているタイプで、主にキッチンや洗面所で設置されています。蛇口 交換をするにあたり、まずはシンク下にある止水栓を締めるようにします。わからない場合は水道の元栓で問題ありません。次に、モンキーレンチを使って外します。パッキンや配管にごみが詰まっていることが多く、歯ブラシやドライバーなどの修理工具を使って掃除を行います。掃除をしていないことで、悪臭などの水道トラブルに繋がりかねません。
水道蛇口のねじ部分にシールテープを巻いて補強をします。そして新しいものに蛇口 交換をして、モンキーレンチで固定をします。そして止水栓や元栓を開けて、修理した箇所に新聞紙を敷くなどで水漏れの有無を確認して、作業完了です。

■蛇口 交換をする前に予防するポイント

蛇口 交換による水道修理により、水漏れなど水のトラブルは防ぐことはできます。工具や知識があれば解決に繋げることはできますが、難しい場合は修理業者に依頼する流れとなります。特に賃貸物件や貸しビルの場合は、二次被害によるトラブルも起こりかねません。それを防ぐためのポイントを紹介します。
蛇口 交換をする前に定期的に、水道及び管のトラブルがないかを確認を行います。軽微なものだと、工具とホームセンターで取り寄せられる範囲の部品で解決できます。水漏れなどの症状があり、長期間放置することで水道料金の高騰及び、建物全体の劣化に繋がりかねません。修理業者もメンテナンスに対応しているところが多いので、利用することも一つの方法です。一方、蛇口 交換を自分でした場合におけるトラブルも少なくありません。気になることがあれば相談することがおすすめです。

■まとめ
蛇口 交換をするにあたり、自分で解決できる場合もあります。一方、時間と労力を要する上、知識がないと二次被害に繋がりかねません。各種不安がある場合は修理業者に依頼することが必要です。定期的な清掃や点検によっても、各種水道トラブルを防ぐことはできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ