水道修理における各種知識を紹介

水道修理における各種知識を紹介 水回りの排水溝やホース、各種機器のトラブルにて水道 修理をする場面があります。大掛かりなもの及び機器のトラブルなど相応の技術を要する修理の場合は、専門業者に依頼する流れとなります。一方、相応に費用がかかりますから可能な範囲にて自分ですることでも費用が抑えられる上、今後水道 修理でのトラブルの際にも対応しやすくなります。その点を踏まえて、良く起こりがちな場面の水道 修理におけるマメ知識を紹介します。

■シングルレバー混合水栓の水道 修理のポイント

キッチンにおける水道トラブルの一つに、蛇口の不具合がありますが、シングルレバー混合水栓タイプについて紹介します。主にキッチンや洗面所に設置していますが、レバー一つのみで上下左右自由に動かすことが出来、温度や水量調整もレバー一つで対応可能なタイプです。よくあるトラブルとしては、レバー下からの水漏れです。上下左右に動かすことできる分、遊びが出来てしまいそこから水漏れが起こります。
スパウトと呼ばれる部分も水漏れが起きやすいです。蛇口そのもので水が出るのですが、パッキンで挟まれた上下のいずれかから水漏れが現れます。ここは、水が流れている時のみあらわれます。それぞれが主にバルブカードリッジが原因でトラブルが起こります。10年以上使用している場合に、経年劣化が起きやすく交換が必要となります。

■ハンドル混合水栓の水道 修理のポイント
ハンドル混合水栓タイプにおけるポイントを紹介します。風呂場やキッチンに主に設置されていますが、冷水、温水2種類のハンドルがあります。この2つのハンドルを回すことで水量や水温の調節が出来ます。壊れにくい性能ですが、築年数の古い住居に良く見られるタイプです。
水漏れの原因は、ハンドル部分のパッキンの劣化であることが多いです。その際には、ハンドル下からぽたぽたと滴るような水漏れが起こります。特に、毎日使用しており負荷が相応にかかりますから、壊れやすい箇所の一つです。上からねじでとめている仕組みで、ナットや三角パッキン、コマパッキンなどが固定をして、ハンドルをとめています。これらが摩耗してしまい隙間が生じることが原因です。水栓の吐水口における水漏れトラブルにも繋がりやすいです。

■他の部品における修理や交換について

水漏れは、バルブカードリッジの交換などで症状が改善されます。一方、その他の箇所における修理のポイントを紹介します。水栓には、水漏れを止めるゴム状のパッキンがついています。三角、コマタイプがありますが、ゴムが伸びたりなどの不具合が生じることで、水のトラブルに繋がります。コマパッキンの場合ねじが金属で出来ていますが、この錆による原因も一つです。それぞれホームセンターで販売されていますから、工具と知識があれば自分で修理することが出来ます。
蛇口ではなく止水栓の接続部分におけるトラブルもあります。シンク下に水が溜まってから気づくことが多いですが、床下トラブルにも繋がりかねません。主な症状の原因はナットやパッキンのような、水をとめる所の部品の不具合です。ナットは経年劣化もありますが、毎日水を使用することで振動が原因で緩みます。ナットの締め直し、及び部品交換により症状が改善されます。

■まとめ
水漏れなどの水道トラブルは、蛇口及びその周辺の劣化や不具合が原因で起こります。シングルレバー混合水栓の場合は、バルブカードリッジの交換で改善されます。それぞれ工具と知識があれば、ホームセンターで各種部品は揃っていますから、自分で修理することも可能です。各メーカーや機器により合わないことも想定されますから、予め確認は必要です。不安な場合は、業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース